小池知事「新会派を作る出処進退に驚いた」 無免許運転の木下都議の「SDGs 東京」発足に

2021年7月9日 14時41分
小池百合子知事

小池百合子知事

  • 小池百合子知事
  • 木下富美子氏
 地域政党「都民ファーストの会」から立候補して再選した木下富美子氏(54)=板橋区選挙区=が、免許停止期間中に人身事故を起こした問題で、都民ファの特別顧問を務める小池百合子知事は9日の定例会見で、木下氏の進退についての考えを示した。小池氏は都民ファを除名になった木下氏が1人会派の「SDGs 東京」を立ち上げたことについて、「出処進退は自ら決めるということだが、新しい会派を作るという出処進退の選択肢があることに私は大変驚いた」と語った。
 木下氏をめぐっては、8日夕方までに都議会局や都選挙管理委員会に「辞職するべきだ」「給与が出るのはけしからん」など430件以上の抗議が寄せられている。
 会見では、記者が「知事は選挙戦最終日に木下議員の激励にも行った。顧問として 木下議員は辞職すべきかどうか」と質問。小池氏は「今回、無免許で事故を起こしたという報道を聞き、大変驚いた」とした上で、「候補者として選ばれるものとして、その行為はどうであったのか。より客観的に自らをしっかり見詰めていただかなければ、有権者に対して極めて失礼。報告が遅れていたことに対しても、いかがなものかと思う」と述べた。
 また小池氏は「自らをいかに律するか問われているし、このような事例が政治に対しての信頼を欠くものにつながる」とし、「新しい会派を作るという出処進退の選択肢があることに私は大変驚いた」と話した。
 さらに記者から「有権者の負託を裏切り、議員辞職含めて考える必要があるか」と質問されると、小池氏は「自らを客観的に見つめ直してどうすべきか判断することが重要ではないか」と語った。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧