「あれ?貫禄が増した?」和服姿から探る藤井聡太王位の“変化”の理由

2021年7月11日 17時00分

「お~いお茶杯第62期王位戦」7番勝負第1局で昼食休憩からの再開後、真剣な表情で読みふける藤井聡太王位=名古屋市中区の名古屋能楽堂で

 史上最年少でタイトル防衛を果たし、棋界最高位の九段に昇段した藤井聡太王位(18)=棋聖。大舞台を何度も経験し、和服姿での対局も板についてきた。「色や柄にはあまり頓着されないが、ちゃんとしたものを着たいという意識を感じる」。そう語るのは、昨年のタイトル初挑戦時から藤井王位の和服のコーディネートと着付けを担当する白瀧しらたき呉服店(東京都練馬区)の当主、白瀧佐太郎さん(47)。藤井王位が和服の着付けを習得するために行っている「異例の策」や、この1年で気付いた「変化」について話を聞いた。 (樋口薫)

◆1年ぶりの生での取材で…筆者が感じた違和感

名古屋市の名古屋能楽堂で指された王位戦第1局で、対局場へ向かう藤井聡太王位

 あれ、何か違う? 昨年より貫禄が増した? 6月29、30日、名古屋市で開幕した、お~いお茶杯第62期王位戦7番勝負(東京新聞主催、伊藤園特別協賛)第1局の開始前。盤の前に座る藤井王位に向け、カメラを構えた筆者はそんな印象を受けた。
 実は将棋界は現在、コロナ禍で取材が大きく制限されている。注目の対局の場合、対局室内に立ち入りできるのは原則、主催メディアのみ。他社は日本将棋連盟から写真やコメントの提供を受けている。本紙主催の王位戦では、藤井王位が予選やリーグ戦に出ることがないため、筆者がその公式対局を生で取材するのは約1年ぶりだった。
 対局が始まり、首をひねりながら控室に戻る。確かに藤井王位が一回り大きくなったように感じた。とはいえ太ったわけではない。むしろ開幕前のインタビューでは少しやせたようにも見えた。では、何が違ったのか。その謎は、対局前の藤井王位と最後に会話する人物である白瀧さんから話を聞いて氷解した。
 「藤井王位の姿勢が格段に良くなったんです」。白瀧さんも6月開幕の棋聖戦5番勝負で着付けをした際、あれっと驚いたという。「和服の着姿の美しさには姿勢が大きく影響します。もともと藤井王位は猫背気味で、着付けにかなり苦労していた。それが今年は、りんと背筋が伸びている」。タイトル保持者という立場がそうさせたのか、今年から始めたという筋トレの効果か。要因は不明だが、白瀧さんは「著しい変化でした」と強調する。

◆「若き王者」ならではのコーディネート

初防衛戦となる棋聖戦第1局で、対局室に入る藤井聡太棋聖=千葉県木更津市で

 振り返ってみると、確かに今年の藤井王位の和服姿は印象的だった。第92期棋聖戦5番勝負の第1局では、袖の先にかけてグラデーションになっている藍色の羽織が映えていた。第2局では全身を緑でまとめ、落ち着いた雰囲気の中にも清新さを感じさせた。「全体の衣装を段取りするに当たり、今年は『若き王者』ということを考慮しました」と白瀧さん。「渋くなりすぎず、若いからこそ似合う色合いを探した」。藍色の羽織は今回新調したもので「ボカシ染め」技法が用いられている。

棋聖戦第2局では、藤井聡太棋聖は全体を緑でまとめた和服で登場した(日本将棋連盟提供)=兵庫県洲本市で

 対局場との調和にも、配慮が尽くされている。王位戦第1局は名古屋能楽堂で指された。能の世界では舞台は神聖なものとされ、上がる際には白足袋の着用が必須となる。藤井王位の衣装も、白足袋に合うように選ばれた。
 透け感があって涼やかな黒の羽織は2年前、初めての和服対局の折、師匠の杉本昌隆八段(52)に贈られたもの。家紋が入っており、格式の高い場にもなじむ。着物は爽やかな若草色で、はかまは礼装にも用いられるしま柄の「仙台平」を合わせた。白瀧さんは「舞台は能楽師の方々が大事にされている場所。知人の能楽師の方にも写真で確認してもらい、敬意を払っているという思いが伝わるような衣装を心掛けた」と解説する。
前のページ

関連キーワード

PR情報

文化の新着

記事一覧