浦和駅に街ピアノ 20日まで、常設化も検討

2021年7月13日 07時54分

駅を行き交う人も足を止め演奏に見入った=JR浦和駅地下通路で

 さいたま市浦和区のJR浦和駅西口の地下通路に、誰でも自由に弾けるストリートピアノが設置されている。二十日まで午前十時〜午後十時、軽やかな音色が響き渡る(最終日は正午まで)。
 市民がつくる「浦和駅ピアノ(浦ピ)実行委員会」が主催。実行委の金子康事務局長によると、浦和はピアノを持つ家庭が多く、かつては「街を歩けばピアノが聞こえる」と言われるほど習い事が盛んだったという。ストリートピアノは「サッカーだけでなく文化芸術の街としても発信したい」と企画。初日の七日から市民らでにぎわった。
 ユーチューバー「あかいきつね」のいなりーさん(26)と赤髪REYさん(年齢非公表)は、息の合った連弾で人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を披露。盛んな拍手を浴び、二人は「温かい反応で、こんなに立ち止まって聴いてくれてうれしい」と話した。
 好評であれば市に通路の市道部分の占有許可を求め、常設化も検討するという。今回は浦和区役所のロビーにも十四日までピアノを設置しており、正午〜午後一時に開放されている。(前田朋子)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧