「14歳の子と性交」発言の本多平直氏の次期衆院選公認を取り消しへ 立憲民主、資格停止1年に

2021年7月13日 12時43分
 本多平直衆院議員

 本多平直衆院議員

 立憲民主党は13日、同党の本多平直衆院議員=比例北海道=が14歳の子と同意した性交で逮捕されるのはおかしいとした発言を巡り、党員資格停止1年の処分とする方針を固めた。正式決定すれば、次期衆院選の公認は取り消される見通し。党関係者が明らかにした。
 本多氏は5月10日の党法務部会のワーキングチーム(WT)が刑法の性犯罪規定の見直しについて議論した際、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言した。外部講師の主張に反論する形で述べた。 (共同)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧