<花前線>大輪のヒマワリ 青空の下で咲く

2021年7月14日 07時24分

◆神奈川

★長井海の手公園 ソレイユの丘(横須賀市長井、京急電鉄三崎口駅バス約15分)すくっと立ちあがった茎から輝く太陽に向かって咲く、明るくパワフルな夏の代表花。入り口ゲート横に広がる花畑=写真=と、ソレイユガーデンの計約6000平方メートルに、サンリッチ、サンフィニティーなど約10万本が咲く。見頃は、下旬〜8月中旬。17日〜8月22日は「ヒマワリフェスタ」を開催。園内にあるレストランやファストフード店舗でヒマワリの花に見立てたメニューを提供するほか、「ひまわりメロンパン作り」(8月31日まで)や「ひまわりリース作り」などの体験教室(開催日時要確認)も。(電)046・857・2500

◆茨城

★明野ひまわりの里(筑西市宮山地区・宮山ふるさとふれあい公園周辺、JR水戸線下館駅タクシー約20分)筑波山を背景にした約4ヘクタールの田畑に、約100万本の八重ひまわりが咲く。8月下旬〜9月上旬が見頃。8月28日〜9月5日には「あけのひまわりフェスティバル」を開催。切り花やオリジナルグッズ販売などを行う。期間中の土日には下館駅からシャトルバス運行予定。(電)0296・20・1160実行委員会事務局

◆東京

★ひまわりガーデン武蔵村山(武蔵村山市緑が丘、多摩都市モノレール上北台駅徒歩約10分)8月1日まで毎日(9〜17時)開園する。園内に11種約10万本が見頃を迎えた。花径約30センチの大輪「ハイブリッドサンフラワー」や、チョコレートのような褐色をした「クラレット」=写真、高さが2メートル以上にもなる「ロシア」など多品種が楽しめる。ひまわり畑を進んで歩いて行くと見晴台が立っていて、見事な眺めを一望できる。「ひまわり迷路」も。最終日の8月1日は、閉園時間を20時に延長し、見晴台付近で17時からライトアップする「灯ろうナイト」を行う。日中とは違った夕暮れに染まるヒマワリを見ることができる。(電)042・565・1111市産業観光課

◆千葉

★ひまわりの里(野田市関宿台町、常磐自動車道柏IC約50分)約4ヘクタールの田んぼに約40万本が、中旬から下旬まで見頃。31日まで、花摘みができ、自由に持ち帰ることができる。参加は、軍手や切りばさみなどの持参が便利。(電)04・7125・1111市農政課
 <係から>今後の天候によって花の見頃が変わることがあります。お出かけ前に現地に開花状況をご確認ください。写真はいずれも例年の様子。

関連キーワード


おすすめ情報