バッハIOC会長、人類初の核実験の日に広島訪問 被爆者ら「賛成できない」「平和利用」に疑問の声

2021年7月16日 06時00分
 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が16日に広島を訪問する。76年前、米国で人類初の核実験「トリニティ実験」が行われた日だ。広島、長崎への原爆投下を決定的にし、核時代の道を開いた転換点はどんなものだったのか。そんな日に、コロナ禍も顧みず被爆地を訪問するIOCの五輪とは、本当に「平和の祭典」なのか。(中山岳、佐藤直子)

◆トリニティ実験とオリンピック作戦

14日、首相官邸で菅首相との会談に臨むIOCのバッハ会長(左)=小平哲章撮影

 「コロナ禍で多くの人の命と健康が危険にさらされている中、感染を広げるリスクがあるのに広島を訪れるのは賛成できない」
 広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(76)は、バッハ氏の訪問に疑問を呈する。とりわけ76年前のこの日は、被爆者にとって重要な意味がある。「広島、長崎への原爆投下につながる『核の時代』が始まった日です」
 1945年7月16日、米国ニューメキシコ州の実験場「トリニティ・サイト」で行われた初の核実験のことだ。米国が極秘に進めていた「マンハッタン計画」で、8月9日に長崎へ投下されたものと同じプルトニウム型原爆を爆発させた。威力はTNT火薬換算で約19キロトンに上った。
 当時、日本では九州地方への空襲が激しさを増しつつあった。空襲研究者によると、米国は日本の抵抗が続くことを想定。同年11月に南九州に上陸する「オリンピック作戦」の準備を進めていた。しかし、トリニティ実験の成功を受け、米国は広島、長崎に原爆を投下。8月15日に日本は無条件降伏し、同作戦は実行されなかった。
 原爆の死者は45年中だけで広島で約14万人、長崎で約7万4000人に上った。戦後も米国やソ連が核実験を繰り返し、原爆をはるかに上回る威力の水爆を開発。ピーク時の86年の核弾頭は7万発を数え、今も人類を何度も滅ぼせる1万3000発が残る。

◆「16日は核の恐怖を問い直す日」

荒野が広がるトリニティ実験跡地に建つ記念碑=米西部ニューメキシコ州で、赤川肇撮影

 佐久間さんは「広島を訪れた人には、トリニティ実験のことをよく話している。この日は多くの人に核兵器の恐ろしさをあらためて問い直し、廃絶への道を考えてほしい」と話す。
 奈良大の高橋博子教授(アメリカ史)も「多くの人を無差別に殺傷する核兵器の始まりの象徴として、トリニティ実験がある。軍関係者や風下の住民が被ばくし、周辺地域が放射能汚染された。だが、米国では原爆投下によって戦争を終わらせたと評価する見方が根強く、犠牲の面は長年、隠されてきた」と指摘する。
 高橋さんは、バッハ氏が来日前、東京大会の実現に「犠牲を払わなければならない」と述べたことにも違和感を隠さない。「誰かを犠牲にして五輪開催を強行する姿勢は、核実験や原爆投下を正当化する米国の姿勢に重なる」
 16日は国連で採択された「五輪休戦決議」の期間が始まる日でもある。IOCのコーツ調整委員長も長崎市を訪問する。広島、長崎市によると、大会組織委員会側はトリニティ実験には触れなかった。長崎県には訪問目的を「被爆地で平和を誓うことにより、全世界に平和を祈念する強いメッセージを打ち出し、五輪が平和の祭典であることを改めて認識していただく」と伝えたという。
 ただ、過去のIOC関係者の被爆地訪問は、94年にアジア大会開催中だった広島を訪れたサマランチ会長(当時)くらい。広島市を2010年以降に訪れた海外の要人は、16年のオバマ米大統領(当時)をはじめ、各国の大使や国連の軍縮担当者が目立つ。19年にはローマ教皇フランシスコが広島、長崎を訪問しているが、例外的だ。
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧