<新型コロナ>タイ航空が破綻 救済策断念、運航は継続

2020年5月20日 02時00分
 【バンコク=共同】タイ政府は十九日、新型コロナウイルスの感染拡大で経営危機に陥ったタイ国際航空について、中央破産裁判所に会社更生手続きを申請することを閣議決定した。事実上の経営破綻。現在は全便が運休しているが、今後は運航を継続しながら裁判所の管理下で再建を進める。プラユット首相が明らかにした。筆頭株主の政府が救済策を検討したものの、まとまらなかった。
 新型コロナの影響で、世界の主要航空大手が経営破綻するのは初めて。タイ航空の二〇一九年末時点の負債は二千四百四十八億バーツ(約八千二百億円)。
 格安航空会社(LCC)の台頭などで業績不振が続き、一九年十二月期決算は百二十億バーツの赤字となり、三年連続で最終赤字を計上した。新型コロナで全便が運休し、資金繰りが悪化していた。
 タイ航空はタイを代表する「ナショナルフラッグキャリア」。全便が運休するまでは、首都バンコクと羽田や成田、関西、新千歳、仙台、中部、福岡を結ぶ路線を運航していた。航空連合「スターアライアンス」に加盟し、全日本空輸と共同運航(コードシェア)を行っている。
 株式の51%をタイ財務省が保有し、官僚や退役軍人の天下り先になっており、高コスト体質が問題視されてきた。労組の力も強く、抜本的改革に踏み出せなかった。約二万二千人いる従業員のリストラや路線の統廃合が今後の焦点となる。

関連キーワード

PR情報