ワイン香る「江の島ハーバー」 22日から限定菓子販売 藤沢市「ありあけ」などと連携

2021年7月19日 07時10分

赤ブドウ味の「江の島ヨットハーバー」=藤沢市役所で

 藤沢市が、市内に工場を持つ企業二社と連携し、横浜市の銘菓「横濱(よこはま)ハーバー」の藤沢版「江の島ヨットハーバー」を開発した。赤ワイン味のあんを練乳風味の生地で包んだ。二十二日から県内のコンビニやスーパーなどで五千箱限定で販売する。
 二社は横濱ハーバーを製造する「ありあけ」(横浜市中区)とワイン製造業「メルシャン」(東京都中野区)。二年前、ありあけから東京五輪・パラリンピック大会に合わせて何か企画できないかと相談された市がメルシャンに声を掛け、三者の共同開発となった。
 お披露目の記者会見で、ありあけの堀越隆宏社長は「メルシャンの赤ワインのおいしさと、ハーバーのあんの組み合わせの調和に苦労した。研究に研究を重ねた」と振り返った。メルシャンの長林道生社長は「コロナや五輪の延期で計画も危ぶまれたが、実現できてうれしい。藤沢市を元気にしたい」と話した。
 パッケージには市の公式マスコットキャラクター「ふじキュン♡」があしらわれるなど、藤沢らしさがぎゅっと詰め込まれている。六個入り八百十円。(石原真樹)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧