子どもの便秘 親も声掛け 快腸習慣で防ごう!

2020年3月27日 02時00分
 生活リズムや環境が大きく変わる入園・入学の時期。新生活の緊張などから便秘になる子どもも少なくない。今春は、新型コロナウイルス感染症対策による休園・休校も加わり、落ち着いた生活を送りにくくなっている。子どもの便秘の予防と解消のため心がけたい生活習慣や声がけを紹介する。 (今川綾音)
 「まさか便秘とは思わなかった」
 東京都の会社員男性(48)は昨年九月の夜、「おなかが痛い」と泣いて訴えた小学二年の長男(8つ)を救急受診させて驚いた。医師はおなかを触るやいなや「便秘ですね」。かん腸で大量の便を出すと、長男はスッキリした顔に。妻(47)も「毎日排便していないのは知っていた。もう小学生。いちいち出たかどうかは聞かなかった」と振り返る。
 子どもの消化器疾患や腸内環境に詳しい順天堂大医学部の山城雄一郎名誉教授(78)は「子どもの成長に応じ、任せることは大事なこと。ただ、小学校低学年のうちは『今日うんち出た?』と声をかけ、状態を把握して」と話す。
 山城さんによると、便秘の定義は「週二回以内の排便」または「週三回以上でもカチカチに硬い便」であること。小学校入学のタイミングで便秘になりやすい理由は三つ。新生活で緊張している▽登校前に排便の時間が取れない。そもそも朝に排便する習慣がない▽学校トイレに慣れず、授業中に便意を催してもすぐに行きにくい-ためだ。
 学校で落ち着いて排便できれば問題ないが、「学校トイレを汚いと感じて敬遠したり、使い慣れない和式に戸惑ったりする子も増えている」と山城さん。そもそも五分しか休み時間がなければ、移動時間も考えると、ゆっくり排便できる状況とはいえない。
 山城さんは「朝、自宅で排便すれば、落ち着いて授業に臨むことができる」と指摘。朝排便を習慣化するには、どうしたらよいのか。三つのポイントを挙げる=イラスト。
 適度な運動は、便秘の予防にも改善にも有効だ。小児脳神経外科医の藤原一枝さん(74)は、担当した患者の便秘を解消した体験から、一分間でできる予防体操をジャズダンスの心得のある友人の協力を得て考案。体をひねる動きを取り入れ、腸の動きを促す。便秘になった動物園のニシキヘビを描いた自作の絵本「ちょうかいちょうのキョウコちゃん」(偕成社)をモチーフにした体操で、ユーチューブで動画を見られる(「キョウコちゃん体操」で検索)。
 藤原さんは「便が詰まっている時は指圧が効く」と勧める。子どもをあおむけにして、息を吐き終えたタイミングで、重ねた手のひらでやさしくゆっくりと垂直に押す。おへそから時計回りに、少しずつ手の位置を移動させながら、左太ももの付け根まで順に押す。「かん腸や薬に頼らずに便を出す力を、子どもの頃から身に付けて」
 山城さんは「脳と腸、ストレスと便秘は強い関係にある」と指摘。「子どもは新生活で緊張している。親は明るく、学校へ送り出して。朝慌ただしいからといって『早く早く』とせかさないように」と助言する。

関連キーワード


おすすめ情報

健康の新着

記事一覧