武蔵野市 ゆかりの5選手応援 五輪目前に横断幕

2021年7月20日 06時43分

吉祥寺駅前「サンロード」に掲げられた横断幕=武蔵野市で

 東京五輪・パラリンピック開幕を目前に控え、武蔵野市はサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)のエース岩渕真奈選手ら、市とゆかりがある選手五人を応援するプロジェクト「#ムサシノハンズ」を始めた。吉祥寺駅前の商店街サンロードなど市内各所に横断幕を掲示したほか、会員制交流サイト(SNS)での投稿を呼びかけている。
 応援している選手は市出身の岩渕選手のほか、在住、在勤の有馬優美選手(水球)、市内の藤村女子高校卒の杉原愛子選手(体操女子)、在勤の吉田拓馬選手(水球)と田中章仁選手(ブラインドサッカー)。岩渕選手は「日本代表、武蔵野市代表として自信をもって戦ってきます」とのコメントを寄せた。(花井勝規)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧