新型コロナワクチンの接種完了がナイトクラブ入場の条件に イギリス政府が方針発表

2021年7月20日 10時13分
19日、ロンドンでの記者会見にオンラインで臨む英国のジョンソン首相(左)(AP)

19日、ロンドンでの記者会見にオンラインで臨む英国のジョンソン首相(左)(AP)

 【ロンドン=藤沢有哉】英政府は19日、ナイトクラブなどへの入場には、新型コロナウイルスワクチン接種の完了を条件とする方針を発表した。英メディアによると、対象はイングランドで、18歳以上の成人が全2回の接種の機会を得る9月末までに導入する。集団感染の防止に加え、未接種者が多い若者層に接種を促す狙いがある。
 国民の大半が暮らすイングランドでは19日にコロナ規制がほぼ撤廃され、ナイトクラブも営業を再開したばかり。ただ、ジョンソン首相はオンラインの記者会見で「ナイトクラブがもたらすリスクを懸念しており、社会的責任を果たしてもらう必要がある」と表明。ナイトクラブなど大勢が集まる会場へ入場する際には、ワクチン接種完了の証明を求める方針を明かした。
 イングランドでは50歳以上は96%が少なくとも1回は接種したが、18~30歳は35%が未接種の状況。ジョンソン氏は「人生で最も重要な楽しみや良い機会は、ワクチンにますます依存するだろう」と若者に接種を呼び掛けた。

関連キーワード


おすすめ情報