丸川五輪相 パラリンピック「状況許せば、観客入れたい」

2021年7月20日 13時10分
丸川五輪相

丸川五輪相

 丸川珠代五輪相は20日の記者会見で、パラリンピックの観客をどうするかについて尋ねられ「状況が許せれば、パラリンピックは観客いれたい。できれば学校観戦や子供達の観戦が可能になる環境をつくりたい」と語った。
 丸川氏はパラリンピックの観客について「(新型コロナウイルスの)感染状況による。まずはしっかり感染を抑えていく。そのことには国民にも多大な協力をいただいている。私たちもよびかけをしたい」とし、その中で感染状況が好転すれば、有観客を検討するとした。
 パラリンピックについては、菅首相は16日の共同通信社の単独インタビューで「いくらかでも観客の中でできればいい」と述べている。また小池百合子知事も会見で、新型コロナウイルスの感染状況が好転した場合には「希望されるお子さんたちに会場で、という思い」と、五輪などでの子どもの観戦に前向きな姿勢を示している。

関連キーワード

PR情報