自分守る「防災ポーチ」 薬など数日分携行

2020年3月11日 02時00分

辻直美さんの防災ポーチの中身。右が「命に関わるもの」、左が「衛生的なもの」=本人提供

 地震や水害などの災害が多発する中、外出先での被災に備える「防災ポーチ」が注目されている。入手できない常備薬や生理用品など、使い慣れた自分にとっての必需品を入れ、もしものときにも、安心して過ごしたい。 (長壁綾子)
 避難所には、その人に合った常備薬やコンタクトレンズなどはなく、生理用品などは用意されることがあっても限られている。
 防災ポーチは外出時に被災した際、どこでも一晩程度、安全で衛生的に過ごせるだけの必需品を入れておく袋。災害が相次ぐ中、自分で身を守る道具として、防災の専門家らが携行を呼び掛けている。
 看護師で、東日本大震災やニュージーランド地震など国内外の災害現場で活動経験のある辻直美さん(50)=写真、大阪府吹田市=もその一人。自らも薄型のポーチに常備薬や使い捨てのコンタクトなどを入れ、持ち歩いている。
 辻さんによると、いつものかばんに入れ、持ち歩いても負担にならない程度の大きさと重さに納めるのがこつで、市販の化粧用ポーチなどを活用するケースが多い。中身がぬれないよう、表面が撥水(はっすい)加工してあることが必須だという。
 辻さんは一九九五年の阪神大震災の際、自宅で被災。駆けつけた勤務先の病院は、ほとんど機能していなかった。「自分のことは自分で守らなければいけない」と防災ポーチのような袋の必要性を感じ、自ら携行するように。看護師としてさまざまな災害現場に派遣された際も、被災者が避難所で必需品がなく困り果てている姿を見たといい、啓発に努めている。
 幸い、これまで災害現場で使ったことはないが、思わぬところで役に立つことも。過去に、停電した新幹線に乗り合わせた女性がトイレに困っていたため、ポーチにあったペットシーツとレジ袋などを渡し、簡易トイレとして使ってもらったという。

◆「私の必需品」入れて

 ポーチに入れる必需品とは何か。辻さんは「命に関わるもの」と「衛生的なもの」に分け、二つのポーチを携行する=イラスト参照。
 「命に関わるもの」には七日分の常備薬、一日使い切りタイプのコンタクトを二日分など。「避難所では慣れない場所でストレスを感じ、頭痛になることもある」といい、持病がない人も鎮痛剤の常備を勧める。
 避難所は乾燥し、ほこりも立ちやすく、のどあめが役立つ。夏の熱中症対策として塩分タブレットも有用。水に溶かせば、経口補水液の代わりにもなる。アロマオイルは「一滴でもティッシュにつけておくと、心が安らぐ」と勧める。
 ペットボトルのキャップも常備。上部にキリなどで小さな穴を開けたもので、水が入ったペットボトルに取り付け、ボディーを押すと水が勢いよく飛び出し、簡易シャワーになる。避難所で使える水は限られるため、「少量の水で手を洗ったり、子どもの体を洗ったりできる」。
 「衛生的なもの」では、生理用ナプキンとペットシーツを二枚ずつ用意。そのものとしてだけでなく、吸水素材なので、レジ袋の中に入れれば、赤ちゃんのおむつや新幹線で役立ったように簡易トイレになる。
 防災ポーチのほかに、「必ず持ち歩いて」と強調するのが、スマートフォンなどを充電するモバイルバッテリー。災害発生から一~二日は特に情報が重要だが、避難所では自宅のように充電できないためだ。
 ポーチが重くなりすぎないよう、日々使いながらローリングストック(循環備蓄)することも大切といい、辻さんは「まず一日過ごすことを念頭に、自分の命を守るには何が必要かを考えて、ポーチに入れるものを決めてほしい」と話す。

関連キーワード

PR情報

ライフの新着

記事一覧