マクロン大統領が来日、東京五輪開会式に出席 日仏首脳会談で共同親権問題も協議へ 

2021年7月21日 18時28分
マクロン仏大統領(AP)

マクロン仏大統領(AP)

【パリ=谷悠己】フランス大統領府は20日、マクロン大統領が次回2024年パリ五輪開催国の首脳として23日の東京五輪開会式に出席するため来日すると発表した。24日に菅義偉首相との会談が予定されている。
 大統領府は、首脳会談ではフランスの海外領土があるインド太平洋地域の安定が主要議題の一つになると説明。同地域での中国の軍事的、経済的な台頭を背景に、日本との連携を確認する目的があるという。
 大統領府はまた、マクロン氏が、日本人配偶者との離婚後も子どもの親権を主張する在日フランス人を支援するため、日本側当局者と協議する意向だと明らかにした。日本と違って共同親権を認めているフランスなど他国出身の外国人が来日後、日本の裁判所の決定で離婚後に子どもに会えないことを不当だと訴えるケースが相次いでおり、仏国内でも注目を集めている。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧