<五輪ライブ>聖火台に点火したのは大坂なおみ 無観客の開会式でコロナ犠牲者に黙とう 「#五輪やめて命守れ」各地で抗議

2021年7月24日 00時12分

22:39 山県亮太、石川佳純が選手宣誓

 日本選手団主将を務める陸上男子の山県亮太選手(29)、副主将を務める卓球女子の石川佳純選手(28)らが選手宣誓。「スポーツを通じて世界をより良い場所にするためにこのオリンピック競技大会に参加することを誓います」と力強く述べた。

22:32 日本が205番目に入場

東京五輪の開会式で入場行進する旗手の八村塁=23日夜、国立競技場

 日の丸と同じ、白と赤の衣装をまとった日本選手団が入場。旗手のバスケットボール男子の八村塁選手(23)とレスリング女子の須崎優衣選手(22)を先頭に、選手たちは笑顔で手を振りながら歩いた。日本選手団の入場を天皇陛下も拍手で見守られた。全ての国と地域の選手の入場が完了すると、再び国立競技場を花火が彩った。

22:19 軍事クーデターあったミャンマーは1人で入場

 2月の軍事クーデター以降、国軍の武力弾圧で混乱が続くミャンマーは、男性の旗手が国旗を手に1人で入場した。

無観客の中、ギリシャを先頭に入場行進する各国の選手団。プラカードは漫画の吹き出しをイメージ=23日、国立競技場で

20:30 「木製の五輪」登場

 直径4メートルという巨大な木製の五輪の輪が登場。踊りの輪も徐々に広がり、世界中の衣装を身にまとった踊り手。車いすの人も。その後、競技場の上方を輪を描くように花火が上がった。2006年ノーベル平和賞を受賞したバングラデシュの経済学者ムハマド・ユヌスさんが、炭素排出量ゼロ、貧困ゼロ、失業ゼロの「3つのゼロ」を目指すというメッセージを寄せた。

20:21 森山未来がダンス披露

 俳優の森山未來さんが踊りを披露した後、新型コロナウイルスの犠牲者をしのんで来場者らが黙とうを捧げた。

20:19 MISIAが国歌独唱

 人気歌手MISIA(ミーシャ)さんが国歌を歌った。白を基調としたドレスに、レインボーカラーのフリルで登場。会場に日本の国旗が掲揚された。

20:13 天皇陛下が着席

 天皇陛下がIOCのバッハ会長に案内される形でご入場。その後、子どもたちが先導する形で、高橋尚子さんら歴代のメダリストらが日本国旗を運んだ。

開会式に出席された天皇陛下。左はIOCのバッハ会長

20:05 花火の打ち上げ

 開会を伝える華麗な花火が国立競技場に打ち上げられた。

東京五輪が開幕し、国立競技場で打ち上げられた花火=東京都渋谷区の展望施設「渋谷スカイ」から

20:00 開会式が始まった

 過去のいじめ問題で演出チームを辞任したミュージシャンの小山田圭吾さん(52)が担当していたとされる冒頭の4分間は、2013年の招致決定以降の各国のアスリートのあゆみを振り返る映像が流れた。

19:50 競技場内にも聞こえるデモの声

 場内の音楽がやんで、外のデモの声がかすかに聞こえる。

開会式直前の国立競技場内の様子

19:00 「五輪より命!」 国立競技場近くで抗議続く

五輪開催への抗議デモ=国立競技場近くで

 市民団体による反対デモ行進は、開会式に伴う交通規制のため、競技場のそばまでは近づけない。参加者らは原宿・神宮橋に集まった後、行進を始めた。「五輪より命」と書かれたプラカードを掲 げ、「オリンピックいらない」とシュプレヒコールを上げた。

五輪開催への抗議デモ=国立競技場近くで

 東京都渋谷区のフリーランサー(51)は「スポーツが大好きでオリンピックをとても楽しみにしていたが、準備の段階でいろんな問題が噴出し、声を上げなければならないと思った。だれのためのオリンピックなのか」と怒りを込めた。
▶次ページ 「五輪に興味ない」

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧