五輪開催のリスクと選手たちへの称賛 矛盾を抱えながら取材を続け、思いを記す<担当記者の視点>

2021年7月23日 06時00分
練習で汗を流す三宅宏実=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで

練習で汗を流す三宅宏実=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで

 矛盾しているなと思う。
 ニュース番組で五輪の延期・中止を訴えた後、スポーツコーナーに変わると、選手の苦悩を伝え、アナウンサーが「無事、開催を願っています」とコメントする。
 新聞も同じだ。五輪開催のリスクを報じる隣のページに、代表選手をたたえる記事が掲載された。違和感しかない。だが、私は批判することができない。相反する二つが心に同居したまま、この1年を過ごしてきたからだ。
 酒屋の友人は悲鳴を上げ、知人は飲食店を閉めた。娘は入学した大学に通えず、夏休みを迎える。度重なる緊急事態宣言は「五輪のため」の側面があるのは明白。多くの人が我慢をしてまで五輪を開催する必要はあるのだろうか。
 6月半ば、重量挙げ女子の三宅宏実(いちご)が代表内定した日、本人からメールが届いた。五輪の舞台に立てる喜びと感謝が長文でつづられている。年に数回しか取材しない私に来るのだから、きっと何百人、何千人に報告しているのだろう。「おめでとう」とメールを送ると、すぐに返信が来た。「今から練習にいってきます!」。懸命に取り組む姿が目に浮かんだ。
 選手と接した後はいつも思う。五輪があってほしい。全力を出し切る姿が見たいと。
 心は揺れ動き、行ったり来たり。この気持ちのまま、緊急事態宣言下の五輪が幕を開ける。
 無観客の会場でどのようなプレーを見せ、何を語るのか。選手の思いを克明に残すとともに、矛盾の中で取材を続けるであろう私の感じたことも記す17日間にしたい。 (森合正範=柔道、陸上担当)
  ◇
 東京五輪が23日夜、開幕する。コロナ禍で異例ずくめの大会。これまで選手を取材してきた運動部の記者が、今の思いや大会報道への意気込みをつづった。

PR情報

東京五輪・パラリンピックの新着

記事一覧