親子2代・師弟2代で人間国宝 「今まで通り続ける」 謙虚に桐竹勘十郎

2021年7月23日 07時21分

人間国宝に選ばれ喜びを語る、人形浄瑠璃文楽の人形遣い桐竹勘十郎 

 人形浄瑠璃文楽の人形遣いで人間国宝に選ばれた桐竹勘十郎(68)は、父である先代の二代目勘十郎、四月に引退した師匠の吉田簑助(87)に続く親子二代、師弟二代の認定となる。「師匠に電話すると、『おめでとう』と五回聞こえた。ものすごくうれしかったです」と顔をほころばせた。
 女形の第一人者である師匠と、立役(男役)を得意とした父の薫陶を受け、幅広い役柄で技量を発揮する。
 中学で文楽の道へ。父の仕事柄、文楽を観劇する機会は多かったが、特に興味はなかった。一年生の時、人手不足のため公演を手伝い、初めて舞台裏で人形の足を動かす姿を間近で見る。「あんなふうに生きているように動かせたら、楽しいやろうな」。人形を遣う面白さに目覚め、十四歳で簑助さんに入門、翌一九六八年に初舞台を踏んだ。
 「後進の育成が第一」。伝統継承への思いは強い。一体を三人で操る人形遣いは足や左手の担当を経て、首(かしら)と右手を動かす「主(おも)遣い」になる。文楽に触れる機会が少ない若者に興味を持ってもらうため「例えば、足遣いが主遣いに成長する。そんなゲームができたら」とアイデアを語る。
 人間国宝に決まっても「今まで通り続けるだけ」とあくまで謙虚だ。「何度も再演されるような新作も作りたい。そのためにはお酒も控えて、健康で頑張りたい」

関連キーワード

PR情報

伝統芸能の新着

記事一覧