無免許運転の木下都議に辞職勧告決議 本人は姿見せず 

2021年7月23日 11時40分
選挙戦で小池百合子知事(右)の応援を受ける木下富美子氏=木下氏のツイッターから

選挙戦で小池百合子知事(右)の応援を受ける木下富美子氏=木下氏のツイッターから

 東京都議会は23日、今月4日の都議選で改選後初の臨時会を開いた。選挙運動期間中に無免許運転で人身事故を起こし、事故を公表せずに再選された木下富美子氏=2期、板橋区=への議員辞職勧告決議案について、欠席した木下氏をのぞく「起立総員」で可決した。
 木下氏は、小池百合子知事が特別顧問を務める「都民ファーストの会」から出馬。選挙戦の最終日には小池知事も応援に駆け付けていた。免許停止期間中だった2日に車を運転し、区内の交差点でバックした際に停車中の車に衝突して運転席の男性と同乗の女性に軽傷を負わせたとされる。事故発覚後に都民ファから除名処分を受け、1人会派を立ち上げたものの、都議会などには抗議が殺到していた。
 辞職勧告決議には法的拘束力はない。
 木下氏は事故後、会見は開いておらず、ホームページで「選挙後に私にいただいた29767票の重みを踏まえ、 有権者の方々との絆を大切にし、損ねてしまった信頼を取り戻すためにどうすれば良いか、 様々なご意見をいただきながら、熟考を重ねてまいります」とコメントを出していた。

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧