ブルーインパルスに人、人、人…東京の空に「五輪」見えた?

2021年7月23日 13時39分
 東京五輪の開会式が行われる23日、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が午後、都心上空を周回飛行し、カラースモークを使い青、黄、黒、緑、赤の五輪マークを描いた。飛行コースには撮影を楽しみにした早朝から多くのファンが詰め掛け、「密」ができる場所も。ツイッターでは、撮影した写真や動画を投稿する人が相次ぎ、飛行直後には「ブルーインパルス」「五輪の輪」「東京上空」などがトレンド入りした。

5色のカラースモークを出しながら飛行する航空自衛隊の「ブルーインパルス」=東京都新宿区の新宿御苑

 新宿御苑には朝7時半から多くの人が詰め掛け、1時間の来園者が2000人を超えて入場規制される時間も。午後0時半ごろには、国立競技場周辺に人だかりができた。
 ブルーインパルスは午後0時40分すぎに都庁上空を通過。休みを利用して妻(27)、長男(2つ)と一緒に、都庁付近でブルーインパルスの飛行を見上げた都職員の男性(32)は、「観客として見に行くことはできませんが、オリンピックらしさを見ることができてよかった。子どもも喜んでいます」と笑顔で話した。

5色のカラースモークを出して都心上空を飛行する航空自衛隊の「ブルーインパルス」。左は東京都庁(本社ヘリ「あさづる」から)

5色のカラースモークを出して神宮球場の上空を飛行する航空自衛隊の「ブルーインパルス」

 その後、ブルーインパルスは0時47分ごろに、上空で五輪を描いた。国立競技場の南側では、隊列が競技場上空を横切った時は「きれい」と歓声が上がった。ただ、高層ビルが邪魔になり、西の上空で描かれた「五輪」を多くのファンが見られなかった。
 西側のビルは国立競技場の建て替えにより、再開発が行われた一帯で、19年に日本スポーツ協会が建設した14階建ての「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクウェア」などが並ぶ。

航空自衛隊「ブルーインパルス」の飛行を見ようと、国立競技場(右奥)周辺に集まった大勢の人たち

 横浜市の会社員小林隆さん(61)は「五輪は見えなかったが、隊列は撮影できた。70%くらい満足」と笑顔。東京都大田区から家族4人できた少年(10)は「丸は青と黄色しか見えなかった」と残念そう。母親(50)は「都市が発展したのだから仕方ない」と苦笑いした。
 東京都の小池百合子知事は「五輪はテレビで応援を」などとこの4連休の不要不急の外出を呼び掛けていたが、五輪が「密」を生む形となった。

都内上空を飛行する航空自衛隊の「ブルーインパルス」=東京都新宿区の新宿御苑で

5色のスモークを出し東京上空を飛行するブルーインパルス=東京都千代田区で

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧