天皇陛下の五輪開会宣言「祝い」が「記念する」に 57年前との微妙な変化はなぜ?

2021年7月24日 00時22分
 東京五輪大会名誉総裁の天皇陛下は23日の開会式で、「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」と述べられた。開会宣言は当初見込まれた「祝い」の言葉が「記念する」に変更された。宣言文は五輪憲章で英文の定型が決められているが、大会組織委員会は世界的な新型コロナウイルス禍を踏まえ、和訳の一部を祝祭色の薄い言葉に変えるという異例の判断をした。

東京五輪の開会を宣言される天皇陛下㊨

 五輪憲章は、開催国の元首が開会宣言を行うと定め、プロトコル(儀礼上の約束事)で宣言文の定型を例示。原文の「celebrating」の単語はこれまで「祝い」と訳され、1964年の東京五輪で昭和天皇が読んだ宣言文の文言にも使われた。
 関係者によると、今回は世界的なコロナ禍で多くの人命が失われ、いまも多数の人々が苦しんでいることなどから、一部に「『祝い』の文言は不適切」と指摘する声があった。一方で同憲章の定型を忠実に尊重する必要があるため、和訳のみを現在の厳しい状況に配慮した形へと変更した。
 憲章で短い定型が決められたのは、国家元首による政治利用を避けるためとされる。変更には国際オリンピック委員会(IOC)の承認が必要だが、和訳のみの変更とあって事前に承認を得られたという。
 近年の大会で定型が破られた例としては、2002年のソルトレークシティー冬季大会があり、ブッシュ大統領が前年の米中枢同時テロを踏まえ、自国をたたえる文言を勝手に付け加えてIOCから批判された。(阿部博行)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧