「最も素晴らしい成果と名誉」聖火最終ランナーの大坂なおみさんがTwitterに投稿

2021年7月24日 01時36分
 東京五輪の開会式で聖火リレーの最終ランナーを務めたテニス選手の大坂なおみさん(23)は24日午前1時すぎ、自身のツイッターに写真付きで投稿した。聖火台に点火する大役について、「間違いなく、私の人生の中で最も素晴らしい成果と名誉です。この気持ちを表す言葉は見当たりませんが、感謝でいっぱいです」と投稿した。
 大坂さんは23日午後11時45分ごろ、被災地の宮城、岩手、福島の3県の子どもからつながれた聖火を手に階段を上り、聖火台に火をともすと、右手を高々と掲げた。

大坂なおみさんのツイッターの投稿

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧