渡名喜風南が銀メダル 柔道女子48キロ級 東京五輪で日本人で初のメダル

2021年7月24日 19時22分
女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチに敗れ、厳しい表情で引き揚げる渡名喜風南

女子48キロ級決勝 コソボのディストリア・クラスニチに敗れ、厳しい表情で引き揚げる渡名喜風南

 柔道の女子48キロ級の渡名喜風南(となき・ふうな)が24日、銀メダルを獲得した。今大会で日本人のメダル獲得は初めて。
 渡名喜は決勝でディストリア・クラスニチ(コソボ)に敗れた。
 敗戦後、涙を流した渡名喜は試合後のインタビューで、「自分の弱さが出た試合だったと思います。最近ずっと決勝で勝てていなかったので、そこでの怖さがある中での戦いだったんですが、やっぱり自分の弱さが最後出てしまった」と悔しがった。さらに、日本人初のメダルとなったことについても「しっかりこの負けを認めていきたいと思います」と話した。
 それでも「無観客の中で応援くれた国民に一言」と質問されると、「ここまでコロナの中で大変な中でたくさんの人が最後までサポートしてくれたので、感謝でいっぱいです」と語った。 

PR情報