大橋悠依が全体3位で決勝へ 競泳女子400メートル個人メドレー予選

2021年7月24日 21時55分
女子400メートル個人メドレー予選を終えた大橋悠依=東京アクアティクスセンターで

女子400メートル個人メドレー予選を終えた大橋悠依=東京アクアティクスセンターで

 初出場の五輪で堂々とした姿を見せた。女子400メートル個人メドレーの大橋は4分35秒71をマーク。「緊張していて恐怖心もあったけど、覚悟を決めた」と全体3位で決勝に駒を進めた。
 最初のバタフライこそ組内で3番手だったが、背泳ぎで伸びやかに抜け出してトップに立ち、後半の平泳ぎへとつなげた。平井伯昌コーチと事前に話し合った通り、300メートルまでの展開を重視して積極的に泳いだ。
 2008年北京五輪以来となる「午前決勝」のレースを25日に日本勢で最初に泳ぐ。「プレッシャーはあるけど、できることをやったらメダルは取れる」といっそう士気を高めた。(磯部旭弘)

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧