なでしこジャパン、英国に惜敗 1次リーグ突破に暗雲<サッカー女子>

2021年7月24日 23時01分
英国に敗れ、厳しい表情の岩渕(左から3人目)ら日本イレブン=札幌ドームで

英国に敗れ、厳しい表情の岩渕(左から3人目)ら日本イレブン=札幌ドームで

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は24日、女子の1次リーグE組の第2戦で、英国に0―1で敗れた。1分け1敗の勝ち点1で同組3位となった。決勝トーナメント進出は第3戦の結果次第となる。

◆格上相手に守備決壊

 カナダとの1次リーグ初戦と同様、左サイドを崩された。警戒していた形から、格上の英国に決勝点を奪われ、世界レベルの実力を見せつけられた。「疲労して空けてしまったスペースに入られた」とGK山下。英国の中核をなすイングランドには高倉監督体制で国際Aマッチ3戦全敗無得点。自国開催の五輪でもジンクスを打ち破れなかった。
 中2日の強行軍でカナダ戦から先発5人を入れ替えた。英国に押し込まれながらも粘って無失点でしのぎ、後半に向けて吉兆がのぞいたかに見えた。ただ「守備に走らされ、攻撃につなげられなかった。相手にやりたいように回された」と長谷川。耐え続けた守備が後半29分に決壊した。
 相手について行けず、左サイド深くに進入されてつながれ、近いサイドに走り込んだホワイトにクロスを頭で合わされて失点。高倉監督は「一つのプレーで仕留められた。相手のゲームプランになった」と悔やんだ。
 1次リーグ最大の難敵に屈し、決勝トーナメント進出へ瀬戸際に追い込まれた。ただ次のチリ戦に勝てば、まだチャンスは残る。岩渕は「下を向いている暇はない」。踏まれても起き上がるのが「なでしこ」。晴れ舞台でしおれるわけにはいかない。(唐沢裕亮)

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧