<新型コロナ>茨城県で63人感染 J2水戸の選手も新たに1人

2021年7月25日 19時42分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県と水戸市は25日、新たに63人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計1万1525人となった。
 新規感染者の居住地の内訳は、古河市11人、つくば市9人、行方市6人、土浦、取手市各5人など。
 クラスター(感染者集団)が発生した古河市の事業所では、新たに従業員7人の感染が判明し、累計は20人となった。
 水戸市がこの日発表した同市居住の男性は、サッカーJ2水戸ホーリーホックの選手。同市が24日発表した同市居住の男性2人は同チームの選手。同チームは既に、3選手の陽性判定を発表している。同チームは、3選手以外の選手や関係者はPCR検査で全員陰性だったとしている。
 感染者への検査の結果、インドなどで見つかった変異株「L452R」が新たに10人から確認され、累計は209人となった。
 県と水戸市は54人の退院などを発表し、退院者などは計1万675人となった。(佐藤圭)

関連キーワード

PR情報