<新型コロナ>韓国、5人以上の集まり全国で禁止へ 第4波深刻、地方へ拡大

2021年7月26日 21時51分
新型コロナウイルスのデルタ株(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスのデルタ株(国立感染症研究所提供)

 【ソウル=相坂穣】韓国政府は、新型コロナウイルスの感染第4波の勢いが首都圏から地方に拡大しているのを受け、27日から全国で防疫規制を強化し、5人以上の私的な集まりなどを禁止する。
 25日の新規感染者は1318人で、検査件数が少ない日曜日としては過去最多を記録。当初は8割以上が首都圏に集中したが、25日は首都圏以外が4割を超えた。
 首都圏では12日から、午後6時以降の3人以上の私的な集まりが制限されるなど最も厳しい規制が取られた。このため、ソウルなどから高速鉄道に乗って規制の比較的緩い地方都市を訪れ、飲み会を開く団体客などが問題となっていた。
 ソウル近郊の京畿道キョンギド北部の警察は先週金曜の23日夜、違法営業の飲食、風俗店計6店を摘発した。出入り口を閉め、電話予約客のみを入店させて酒を提供したり、捜索時に客や従業員が隠し部屋に逃げ込んだりするケースもあった。
 第4波ではインド由来のデルタ株が拡大し、文在寅ムンジェイン政権が強みとする感染経路の追跡が難しい。ワクチンの接種完了率も約13%と日本の約半分の低さで、政府への批判が出ている。
 文大統領は25日、7カ月ぶりに政府の防疫会議を主宰し、「感染危険施設への現場点検と取り締まりの強化」を指示した。

関連キーワード


おすすめ情報