天皇陛下の開会宣言途中で菅首相が立ち上がったのは…「アナウンス流れなかったため」と組織委が陳謝

2021年7月27日 14時15分
東京五輪の開会を宣言される天皇陛下(右は菅首相と小池東京都知事)=7月23日、国立競技場で

東京五輪の開会を宣言される天皇陛下(右は菅首相と小池東京都知事)=7月23日、国立競技場で

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは27日、五輪開会式で天皇陛下の開会宣言の途中で菅義偉首相が椅子から立ち上がったことに関し、事前に予定されていた起立を促す場内アナウンスが流れなかったことを明らかにした。東京都内で記者団に「関係者に混乱が生じ、申し訳ない」と述べ、陳謝した。
 高谷氏によると、天皇陛下の前にスピーチした国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が最後に天皇陛下に開会宣言を求めたため、アナウンスを流すタイミングを失ったという。
 23日の開会式では、大会名誉総裁を務める天皇陛下が開会宣言を述べられる途中で、小池百合子東京都知事、続いて首相が立ち上がる姿がテレビで中継され、インターネット上などで批判が出ていた。 (共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧