五輪開会式出演依頼をキャンセル…セネガル人音楽家「差別されるとは」 組織委側に抗議

2021年7月27日 19時43分
石川県加賀市での大田楽と狂言の公演で、歌と共にパーカッションの演奏を披露したラティールさん=2016年7月(本人提供)

石川県加賀市での大田楽と狂言の公演で、歌と共にパーカッションの演奏を披露したラティールさん=2016年7月(本人提供)

 東京五輪の開会式に出演が決まっていた西アフリカ・セネガル出身の打楽器奏者ラティール・シーさん(48)が今年5月、式典の企画・運営を担った広告代理店から出演を断られていたことが分かった。ラティールさん側によると、代理店は「大会組織委員会が『なぜアフリカ人がいるの? となり、他の国籍の人も入れなければならなくなる』と出演見合わせを求めてきた」と理由を説明したという。(望月衣塑子)

◆開会式の出演打診されたのに


 ラティールさんは「東京五輪で差別をされるとは」とショックを受けている。組織委や代理店は出演見送りの理由を「感染症対策と予算の制約」としている。
 ラティールさんは26年前に来日、パーカッション奏者として多彩なジャンルを奏でる音楽家として活躍している。長野五輪でも日本の伝統芸能の舞台で演奏を披露した実績がある。
 ラティールさん側によると、広告代理店から出演依頼があったのは昨年12月。23日の開会式でタップダンスを披露した男性や別のセネガル人音楽家との共演を打診された。当初の構想では、ラティールさんらの演奏をバックにタップダンスが展開される演出となっていた。
 ラティールさんは、オンラインで打ち合わせを重ね、4月には出演に同意する誓約書にサイン。しかし、5月になっても連絡が来ないためマネジメント会社に問い合わせると「セネガル人2人の出演がキャンセルになった」と告げられた。

◆「なぜ、ここにアフリカ人?」


 広告代理店に理由を尋ねると、担当者は、組織委側から「なぜここにアフリカ人がいるの? となり…」と言われたことを説明した。ラティールさん側は、この発言について「差別だ」と広告代理店に抗議。代理店関係者は発言は認めたものの「悪意や差別の意図はなかった」との弁明を繰り返したという。
 ラティールさんは「『なぜ、アフリカ人』の言葉を聞いた時はショックだった。人種や国境の壁を感じたことはなかったが、東京五輪で差別をされるとは」とショックを受けている。
 組織委戦略広報課は「ラティールさんの主張は事実と異なる。多数の音楽家が参加する部分を企画したが、感染症対策と予算の制約から見直し、出演の見合わせを伝えた」と回答したが、出演を取り消した音楽家がほかにいるのかは明らかにしていない。代理店広報部も組織委と同じ回答だった。

PR情報