<新型コロナ>冷蔵庫のドアが開けっ放しに…東京都北区の医療機関、ワクチン132回分を廃棄

2021年7月28日 07時11分
 北区は二十六日、医療機関で新型コロナのファイザー製ワクチンを適切な温度で管理できていなかったとして、百三十二回分を廃棄したと発表した。
 ワクチンを保管する冷蔵庫のドアが開けっ放しになっているのを医療機関の職員が二十三日に気付いた。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧