<新型コロナ>静岡県内で新たに99人感染 下田市のバー、ナイトパブでクラスター発生

2021年7月28日 07時56分
静岡県庁

静岡県庁

 静岡県内では二十七日、新たに九十九人が新型コロナウイルスに感染した。このうち約三分の二を占める六十七人が、首都圏に接する県東部だった。県内の感染者数は延べ一万三百六十九人となった。県は、県内百五十五人目の新型コロナによる死亡も発表した。
 直近一週間の累積感染者数は、一週間前の二倍となった。健康福祉部の後藤幹生参事は、今週中にステージ3(十五人)に上がる可能性が高いとし「(東京や神奈川の感染急増が)県東部にも押し寄せている。鼻までしっかりマスクで覆ってほしい。東部の病床使用率がさらに上がれば、通常医療にもマイナスの影響が起きる」と警戒を求めた。県東部に競技会場がある東京五輪との関連については「会場からの帰りに飲食店に滞在するのは避けるのが大事。密集地域には立ち寄らないで」と呼び掛けた。
 県発表分は七十二人。下田市内では二十六日に続きクラスター(感染者集団)が二件発生。東本郷の同じビル内にあるバー「COCOだっけ」と、ナイトパブ「ONE・TWO・THREE」で各六人の感染が確認された。いずれも店員がマスクを着用していなかった。県は、バーは十九〜二十二日、ナイトパブは二十〜二十四日に利用した人に自覚症状があれば電話をした上で、受診するよう呼び掛けている。症状がなければ、同市民文化会館で二十九、三十日に実施する拡大検査を受けるよう求めた。
 三島市内の大学サークルでも、参加者十一人のうち七人の感染が確認された。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧