「特に1人暮らしの方は自宅を病床のような形で」都内の新規感染者数過去最多で小池知事<新型コロナ>

2021年7月28日 12時49分
取材に応じる小池百合子知事=28日午前、都庁で

取材に応じる小池百合子知事=28日午前、都庁で

 東京都の小池百合子知事は28日、都庁で報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの新規感染者数が27日に過去最多の2848人となり、増加傾向に歯止めがかからないことについて「ワクチンを、ぜひ若い方も打っていただきたい」と接種を呼び掛けた。
 小池知事は、ワクチンを受けた高齢者が感染し重症になる割合が大幅に低下していることに言及した上で、「逆にワクチンを受けていないけれど、重症、中等症になる若い世代が増えている」と指摘。「若い方々の行動パターンが、鍵を握っている。自分がよければではなくて、結果として人にうつすと、医療体制が逼迫ひっぱくする。去年の夏も、年末も、お正月も、ゴールデンウィークもなく、ずーっと頑張っている医療従事者のことも考えていただきたい」と協力を訴えた。
 医療体制にかかっている負荷についての認識については「基本的に、3つの柱でやっている。自宅、ホテルなどの宿泊療養施設、そして病院。この病院の病床を、いかにして効果的に効率的に生かすかが鍵になる」と強調。その上で、自宅療養者の健康状態を確認する体制も整えているとして、「特に1人暮らしの方々などは、自宅も、ある種、病床のような形でやっていただくことが、病床の確保にもつながるし、その方の健康の維持にもつながる」とした。
 一方、都の吉村憲彦福祉保健局長が27日に報道各社に「いたずらに不安をあおることはしていただきたくない」と要望したことへの見解を問われると、新規感染者数の増加で都民の不安感が増していることに理解を示しつつ、「今は陽性者数だけの問題ではない。ある意味、これまで通りとは違う。まあ、紀元前と紀元後でいうと、ワクチンがあるか、ないかの違いは、しっかり伝えていただきたいという趣旨だと思います」と述べた。

PR情報