<新型コロナ>静岡県で新規感染120人確認 過去3番目の多さ「デルタ株が急速に県内に」

2021年7月29日 07時54分
静岡県庁

静岡県庁

 静岡県内で二十八日、百二十人の新型コロナウイルス感染が確認された。一日の感染では過去三番目に多い。感染は延べ一万四百八十九人となった。
 東部の感染は沼津市十六人、富士市、伊豆の国市、三島市、下田市で各五人、小山町、函南町で各四人、富士宮市、伊豆市、裾野市、清水町、河津町で各二人、熱海市、御殿場市、東伊豆町、西伊豆町で各一人。
 東部のクラスター関連では二十七日発表の下田市のバーとナイトパブで各一人の感染が新たに判明した。
 県健康福祉部の後藤幹生参事は「デルタ株が急速に県内に入り込んでいる」と説明。長時間の会食や首都圏との往来者を発端とする家庭内感染が顕著という。東京五輪との関係では「開催で安心や気の緩みが生まれマスク着用も弱まったのではないか」と指摘した。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧