<新型コロナ>神奈川で1164人感染 2日連続で過去最多を更新

2021年7月29日 22時41分
 神奈川県内で29日、新型コロナウイルスに感染した藤沢市の男性2人の死亡と、1164人の感染が明らかになった。県と6市の保健当局が発表した。新規感染者は2日連続で過去最多を更新した。1000人を超えるのも2日連続。
 藤沢市によると、死亡した60代男性はクラスター(感染者集団)が発生した市内の病院の入院患者で、70代男性は感染経路不明で発症時は軽症だった。また、47人の感染を発表した。
 川崎市は427人の感染を発表した。3日連続で過去最多を更新した。20代が142人と全体の3割を占めている。保健当局の発表に含まれないが、市立川崎病院(川崎区)は30代男性パート医師の陽性を発表した。倦怠感があった26日午後、同病院で外来診療に従事。その後も症状が続くため、28日にPCR検査を受けて陽性と判明した。院内に濃厚接触者はいないという。
 横浜市は344人の感染を発表した。このうち30代と50代の女性2人は通所介護施設の職員。既に陽性が判明していた3人と合わせ、計5人のクラスターと認定した。40代女性はクラスターの発生した認可保育所の職員で、感染者は計18人になった。
 県の新規感染者は241人。厚木保健福祉事務所管内の私立保育所2カ所で9人、7人の職員らの陽性が判明。ともに感染者は11人となり、クラスターと認定した。また、同事務所管内の製造業の事業所で従業員5人、鎌倉保健福祉事務所管内の学習塾で生徒2人が感染し、クラスターはそれぞれ28人、30人になった。
 相模原市は48人の感染を発表した。うち3人は東海大相模高校(南区)の野球部員で、クラスターは34人となった。
 茅ケ崎市は29人の感染を発表した。生徒6人の感染が判明していた市保健所管内の高校で新たに生徒1人と職員1人の感染が判明し、クラスターと認定した。クラスターが発生した管内の病院で患者2人の感染が分かり、感染者は計26人となった。
 横須賀市は28人の感染を発表した。
 また、県は、26日に発表した大磯町の10代男性について、その後のPCR検査で陰性が出たため、感染していなかったとして取り消した。

PR情報

社会の新着

記事一覧