「1回目の直後、安心して飲みに」ワクチン接種後131人感染…大半は軽症 東京都港区調査<新型コロナ>

2021年7月30日 07時10分
 港区みなと保健所は、新型コロナのワクチンを接種した後に感染した人が、六月中旬から五週間で百三十一人に上ったとの調査結果を発表した。同保健所は「ワクチンを打っても、すぐに安心せず、マスク着用や手指消毒の継続を」と注意を促している。
 ワクチンは、二回目の接種の二週間後から最も高い効果が得られるとされるが、十分な効果が得られない一回目の後、会食などで感染するケースが多くを占めている。
 同保健所は、六月十六日〜七月二十一日に届け出があった感染者千四百七十八人を分析。百三十一人がワクチン接種後だった。このうち百十一人は一回目を受けて二回目は未接種だった。残る二十人は二回目を受けていたが、四人は接種から二週間以内。十六人は二週間以上たって感染した。
 感染経路は調査中を含め約六割が不明。残り約四割ではパーティー、イベント、会食、家庭内感染が目立つ。「一回目を接種して安心して、すぐに飲みに行った」などと話す人もいたという。
 症状別では、重症者はなく、百二十一人が軽症。年齢別では、三十代が最多の三十一人、四十代が二十七人、二十代が二十四人。軽症が大半で、七十代以上が九人しかいなかったことは、ワクチンの効果とみている。
 みなと保健所の担当者は「社会全体の接種率が上がり、流行が落ち着くまでは、マスク着用や手の消毒なども続ける必要がある」と話している。(宮本隆康)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧