現役運転士らが撮った写真を厳選「鉄道カード」を限定販売…社員撮影ならではのプレミアムカードも JR東日本大宮支社

2021年7月30日 07時37分

プレミアムカードの裏

 JR東日本大宮支社は、現役運転士らが撮影した写真を厳選した「鉄道カード」の限定販売を31日から始める。全22枚で、県内と栃木県内のコンビニ・ニューデイズなど8カ所のみで取り扱う。店頭では中身が見えない形の販売で、「どれが出るかはお楽しみ」(同支社)という。(前田朋子)
 企画は同社小金井運転区(栃木県)所属の男性運転士が発案。社内で写真を募集したところ、電車好きのえりすぐりの一枚が集まった。205系、E231系、E233系などを撮った「ノーマルカード」十六種類は、裏側が大型の車両写真のパーツとなっており、全種集めると一枚の写真が完成する。六種ある「プレミアムカード」は裏側が運転席など社員でないと撮れない写真で、車両の詳細を説明。今は運行していない特急「踊り子」の185系などを採用し、特別感を出した。
 価格は一枚二百五十円(税込み)。二十二種類、各百六十枚の計三千五百二十枚。二十二枚のセット販売も行う。
 販売はニューデイズの東川口、川口中央(川口駅改札外右側)、南浦和、さいたま新都心、大宮(鉄道警察隊脇)、武蔵浦和、宇都宮中央(グランマルシェ内)の各店舗。大宮駅構内の鉄道グッズ販売店「GENERAL STORE RAILYARD」でも取り扱う。

プレミアムカードの表

ノーマルカード=いずれもJR東日本大宮支社提供


関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧