<新型コロナ>栃木県、警戒度「3」に引き上げ 7市で時短要請

2021年7月30日 07時49分
新型コロナウイルス(NIAID提供)

新型コロナウイルス(NIAID提供)

 栃木県は二十九日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、警戒度「まん延防止等重点措置(ステージ3)」への引き上げを決めた。八月二十二日までで、七市で飲食店の営業時間短縮を要請する。今後の状況を見て、国に同重点措置区域の指定を申請する。
 時短対象は宇都宮、足利、栃木、佐野、日光、小山、真岡の各市。期間は八月二〜二十二日。営業時間を午前五時〜午後八時(酒類提供は午前十一時〜午後七時)に短縮した店舗に協力金を支給する。不要不急の外出の自粛、県をまたぐ移動の自粛を県民に求める。
 県によると警戒度を判断する七指標のうち五指標がステージ3の水準に達した。福田富一知事は「医療体制への負荷が高まり、危機的状況は目前」と話した。(小川直人)

関連キーワード

PR情報