飲食店応援 日体大とタッグ 学生・教職員に呼び掛け

2021年7月30日 16時52分
 4度目の緊急事態宣言で窮地に立つ飲食店を支援する「買って応援!食べて応援!飲食店応援キャンペーン」(城南信用金庫主催、本紙賛同)に、日本体育大学(東京都世田谷区)が協力することになった。学内に応援ポスターを掲示し、学生や教職員に周知する。
 キャンペーンは、飲食店のテークアウト商品を紹介するサイト「つながろうプロジェクト」をPRし、利用を呼び掛ける。ポスターにはQRコードが付いていて、スマートフォンがあればつながることができる。
 28日に城南信金の川本恭治理事長=写真(右)=と日体大の松浪健四郎理事長=同(左)=が会談。松浪氏はキャンペーンに賛同し「地域の飲食店を通して街を元気にしてほしい」と述べた。川本氏は東京五輪の柔道で同大3年の阿部詩(うた)選手とOBの阿部一二三(ひふみ)選手が兄妹そろって金メダルを獲得したのを祝福し「コロナ禍で苦境にある街の経済に(日体大の)元気を貸してほしい」と語った。

関連キーワード


おすすめ情報