小池知事「この夏を最後のステイホームに」 東京の緊急事態を延長、新たな措置はなし

2021年7月31日 06時00分
小池百合子知事

小池百合子知事

 東京都は30日、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が8月末まで延長されるのに伴い、対策本部会議を開き、延長後も引き続き飲食店に酒類提供停止を要請する感染防止策を決定した。小池百合子知事は「これ以上の感染拡大を食い止めなければならない」と強調。一方で、当面の感染急増を抑えるための新たな措置は盛り込まなかった。
 30日に報告された都内の新規感染者数は3300人で、3日連続で3000人超。入院者数も3100人を上回り、自宅療養者数も9800人近くに達している。
 小池知事は30日の定例会見や本部会議後の取材で「病床の確保や宿泊療養施設の拡充を進めている」とし、自宅療養者の健康観察を担う看護師を増強する方針を表明。人出の抑制については、テレワークの徹底などを求めていくとした。
 また「ワクチンが行き渡るまでが勝負。この夏を最後のステイホームに」としてあらためて外出自粛を要請。一方で、感染者が増加している若い世代の人流をどう抑制するかについては「情報発信に尽きる。諸外国の例も参考にする」と述べつつも、具体的には「SNSなどの活用」を挙げるにとどまった。(小倉貞俊)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧