3年生最後の「夏」楽しむ コロナで県大会辞退の城郷と藤沢工科 鎌学とそれぞれ練習試合<高校野球・神奈川> 

2021年8月1日 07時17分

練習試合で最後の夏を楽しんだ(左から)城郷、藤沢工科、鎌倉学園の3年生たち

 七月二十八日まで開催された第103回全国高校野球選手権神奈川大会で、大会期間中に学校内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため出場を辞退した城郷(横浜市)と藤沢工科のそれぞれの練習試合が三十一日、横浜市保土ケ谷区の保土ケ谷球場で行われた。(安田栄治)
 城郷と3回戦で対戦予定だった鎌倉学園が「試合をやろう」と提案して実現し、両校と対戦。3チームの3年生は最後の夏を楽しむようにグラウンドを走り回った。
 城郷の細谷岳澄(がくと)主将(3年)は辞退直後に自身のツイッターで「予期せぬ出来事で城郷野球部を引退しました。こんな終わり方本当に悔しいし、言葉にできないけれど、とにかく鎌倉学園を応援します」「城郷以外にも辞退している高校があります。このような終わり方になる高校球児を増やさないでください」などとつぶやいたところ、励ましの言葉がいくつも届いたという。
 細谷主将は三回途中の守備から捕手で出場し、マスク越しに仲間の最後のユニホーム姿を目に焼き付けた。「辞退が決まった時は主将として仲間にどう接すればいいか分からなかった。でも、鎌倉学園とこういう形で試合ができた。つぶやいて良かったのかな」と笑みを浮かべた。
 鎌倉学園の宮尾一冴(いっさ)主将(3年)は「どの高校も感染の危険はあったので城郷の選手がかわいそうだった。城郷と試合がしたかったから、全力でぶつかった」と気持ちよさそうに汗をぬぐった。 

鎌倉学園との練習試合でベンチから声援を送る細谷主将(左から3人目)ら城郷ナイン=いずれも保土ケ谷球場で


関連キーワード

PR情報

地方大会2021の新着

記事一覧