小池知事「都県境を超えないで」 緊急事態宣言、2日から1都3県に拡大

2021年8月2日 08時32分
小池百合子知事

小池百合子知事

 東京都の小池百合子知事は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、2日から東京に加え、埼玉、千葉、神奈川の首都圏3県も緊急事態宣言の期間に入ることについて「都県境を越えないように、テレワークの徹底をしていただきたい」と呼び掛けた。都庁で全国知事会に出席した後、報道陣の取材に応じた。
 東京都の感染者数はこの日、3058人となり、5日連続で3000人を超えた。感染者数の発表15分前に報道陣の前に姿を見せた小池氏は1都3県に緊急事態宣言が拡大することについて「これで宣言でそろいました。毎日300万人が、基本的に出勤と通学で、動いています。通学の部分が、夏休みがないとしても、出勤の部分はテレワークを徹底していただく」として都県境を越えないように求めた。
 一方で、小池氏は、これに先立つ都内の視察先での取材で、東京五輪の開催継続の意思を示し「陽性となる大会関係者の半数は国内。海外というよりは国内の感染対策をしっかりとすることに尽きる」と述べた。

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧