神奈川県の緊急事態宣言 県が7月中旬に発令求めるも、国が難色示していた 黒岩知事明かす

2021年8月1日 20時31分
独自の「緊急事態宣言」を出す神奈川県の黒岩知事=16日、神奈川県庁で

独自の「緊急事態宣言」を出す神奈川県の黒岩知事=16日、神奈川県庁で

 神奈川県の黒岩祐治知事は1日、全国知事会のウェブ会合後に報道陣の取材に応じ、7月中旬に国に対して新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を求めたことを明らかにした。しかし、国から「まん延防止等重点措置の中でもやれることがある」と難色を示され、発令されなかったという。
 その後、県は16日に独自の緊急事態宣言を出した。「現場に切羽詰まった感があった」ためという。しかし、感染者急増は止まらず、国が緊急事態宣言の発令を決定し、8月2日から適用されることになった。「対策が小出しではないか」との質問に知事は「小出しとは考えていない。むしろ、県としてできることを早めにやった」と語った。
 知事は全国知事会のウェブ会合で、都道府県知事の判断で特措法に基づく緊急事態宣言を出せるようにするなどの「機動的な運用」を政府に要望すべきだとの意見を述べた。(志村彰太)

PR情報

神奈川の新着

記事一覧