かわさき市民アカデミー 後期の受講生を募集

2021年8月2日 07時20分
 NPO法人かわさき市民アカデミー(藤嶋昭理事長)が二〇二一年度後期(九月〜二二年三月)の受講生を募集している。市生涯学習プラザなどを会場に五十二講座を開くが、うち三十講座はオンライン配信もあり、二講座はオンラインのみの開催となる。
 新型コロナウイルスの影響で二〇二〇年度後期から規模を縮小しながら開催を続けている。
 コロナ禍による社会の変化など、パンデミック(世界的大流行)の実相を学ぶ講座も多い。複合的な視点で学ぶエクセレント講座では、国交が再び開かれてから今年で三十年になるバルト三国を取り上げる講座や、二百六十年余りの平和を維持し、SDGsを実現した「江戸の社会と科学技術」など個性的な講座がめじろ押し。
 同アカデミーでは「オンラインの方が見やすくて聞きやすいという意外なメリットもある。どんな年齢であっても学ぶことの楽しさを知ってほしい」と呼び掛けている。
 十八歳以上が対象で市民以外も受講可能。非会員の受講料は全十二回で一万七千百六十円(別途経費が必要な講座もある)。定員は講座ごとに設定。Zoomによるオンライン受講の定員は、それぞれ約百人。申し込みは八月二十日まで。ホームページや所定の用紙によるファクスで受け付けている。問い合わせは同アカデミー=電044(733)5590=へ。(中山洋子)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧