<新型コロナ>静岡県で過去最多感染168人 7月31日 県「過去最速の感染拡大」

2021年8月2日 07時54分
静岡県庁

静岡県庁

 静岡県内で七月三十一日、新型コロナウイルスに感染した一人の死亡と百六十八人の感染が確認され、一日の感染者数では過去最多となった。八月一日は九十五人の感染が確認された。県内の死者は計百五十七人に、感染確認は延べ一万九百七十九人になった。
 県は「過去最速の感染拡大が起きている」として警戒を呼び掛けている。
 一日の東部の感染は、富士市十人、御殿場市六人、沼津市五人、三島市四人、長泉町三人、伊東市、下田市、富士宮市で各二人、函南町、清水町で各一人だった。
 東伊豆町の宿泊施設で五人の陽性者が判明、県は七月三十一日、百六十六件目のクラスター(感染者集団)とした。
 八月一日正午現在の病床使用率は、東部で50・6%(七十九人)と高い状態が続いている。中部は31%(五十四人)、西部は19・1%(三十八人)。県全体では32・3%(百七十一人)だった。重症者は県全体で6%(三人)。

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧