<新型コロナ>茨城県で新たに172人感染 6日連続で100人超え

2021年8月2日 19時03分
茨城県庁

茨城県庁

 県と水戸市は2日、新型コロナウイルスに新たに172人が感染したと発表した。重症者はいない。新規感染者が100人を超えるのは6日連続。発表済みの茨城町在住の70代女性の取り下げがあり、県内の感染者は計1万2834人になった。
 居住地の内訳は、守谷市21人、神栖市14人、筑西市13人、取手市12人、古河市11人、土浦市10人など。
 筑西市の事業所では従業員6人の感染が判明。県は「事業所内でのクラスター(感染者集団)発生の可能性があるが、普段の生活の場でも接触が多いとみられる」としている。
 感染者への検査の結果、新たに19人からインドなどで見つかった変異株「L452R」が確認され、計492人になった。
 県と水戸市は91人の退院などを発表。発表済みの1人の取り下げがあり、退院者などは計1万1128人になった。(宮尾幹成)

PR情報

茨城の新着

記事一覧