<新型コロナ>埼玉県内の高齢者のワクチン接種「目標は達成」 2回目完了 7月末時点で71.4% 

2021年8月3日 07時18分
 新型コロナウイルスワクチン接種で、埼玉県内の六十五歳以上の二回目完了の割合が、七月末時点で71・4%だったことが二日、県のまとめで分かった。担当者は「県全体の目標は達成できた」と説明。ワクチン接種が感染収束の切り札とされる中、県は同日、社会生活の維持に不可欠な職場で働くエッセンシャルワーカーを対象とした集団接種も始めた。(飯田樹与)
 県によると、六十五歳以上の接種状況は、七月末時点で一回目完了が85・4%、二回目完了は71・4%だった。
 県は、各市町村が設定した接種率の目標を基に、同時点での県全体の二回目完了の目標を71・3%としていたという。
 現在の感染「第五波」では、感染者全体に占める六十代以上の割合は一割ほどで、県感染症専門家会議では、五月下旬から本格化したワクチン接種の効果を指摘する意見があった。

関連キーワード

PR情報