岩塩プレート 遠赤外線 じわり塩味

2021年8月3日 07時38分

岩塩プレートの上で焼き上がったエビ

 天然岩塩を切り出した岩塩プレートで肉や野菜を焼くと、遠赤外線効果でおいしく焼けるらしい。人気を集めていると聞き、ヒマラヤ産のものを取り寄せた。
 半透明のピンク色で、新書を一回り小さくしたくらいの大きさのプレート2枚を、フライパンに敷き、弱火で熱する。急加熱は禁物だ。
 殻付きエビをそのまま載せると、すぐに赤く焼き色がつき始めた。塩味が均等につくように何度も裏返し、7、8分できれいに焼き上がった。淡い塩味が付き、エビ本来の味が楽しめた。近所のスーパーで買ったとは思えぬ絶品!
 次は牛ステーキ肉を試した。切れ目を入れて、塩味が均等になるように何度かひっくり返した。5分ほどでしっかり塩味がついておいしくいただいた。
 使った後は、ぬるま湯で洗って乾かし、湿気の少ない場所に保管する。
 プレートを販売するアウトドアブランドのロゴスコーポレーションによると、2010年3月から販売し、リピーターも多く定番商品になっているという。「食品との温度差があると、はぜることもあるので、冷凍食品は解凍してから調理したほうがいい」とアドバイスする。
 今度はホタテや牛タンを焼いてみよう。 (古庄英輔)

<岩塩プレート> 縦約13センチ×横約7センチ×厚さ約1センチ。重さ約220グラム。1枚759円。ホームセンター、通販で購入できる。専用のシリコン製ケースもある(1760円)。(問)ロゴスコーポレーション=(電)0120・654・219

関連キーワード


おすすめ情報