<動物園情報>みんなに愛され70年 横浜・野毛山動物園

2021年8月4日 07時32分
 横浜市西区の野毛山動物園が、開園70周年を記念したイベントを開いている。1951年4月1日の開園時は22種、約200点だった飼育動物は現在、93種約2050点に増えた。
 園内各所で12月28日まで、記念ロゴマーク=写真(上)=や、園の歴史を紹介するパネルを展示する。人気者のインドライオン「ラージャー」の「野毛山たっぷりハンドパペットライオン」(1980円)、ぬいぐるみ「野毛山レッサーパンダのおうち」(2500円)=同(下)、オリジナル塗り絵付き「マルマンスケッチブックB6野毛山」(500円)の記念グッズは、なくなり次第販売終了。公式サイトでは開園当初の様子を伝えるニュース映像などの動画を公開している。
 田村理恵園長は「近隣の子どもたちが園の散歩、放課後に気軽に遊びに来てくれるなど、長きにわたり市民に親しまれています。これからも時代の流れに合わせ、新たなことにチャレンジしていきます」とコメントする。
 入園無料。月曜休園(休日の場合は翌日)。開園は9時半〜16時半。問い合わせは同園=(電)045・231・1307=へ。 (写真は同園提供)

関連キーワード


おすすめ情報