「挑戦者の気持ち」で戦う 横浜、初戦は広島新庄 組み合わせ抽選<高校野球・神奈川>

2021年8月4日 07時36分

オンライン形式で実施された抽選会に臨む安達主将=横浜市で(横浜高校提供)

 九日に甲子園球場で開幕する全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が三日、新型コロナウイルス感染防止のためオンラインで行われ、3年ぶり19回目の出場となる県代表の横浜(横浜市)の1回戦の対戦相手が広島新庄(広島)に決まった。大会2日目の第2試合(午前十時半開始予定)に登場する。
 出場校の主将がリモートで参加し、くじを引いた。5年ぶり3回目の出場の広島新庄は、今春の選抜大会も出場し、2回戦で智弁学園(奈良)に2−5で敗れた。
 横浜の安達大和主将(3年)は「春にも出場した力のあるチームで気が引き締まった。チャレンジャーの気持ちで戦っていきたい」と意気込んだ。村田浩明監督は「神奈川大会と同じように一戦必勝でやっていきたい」と語った。(酒井翔平)

関連キーワード

PR情報

地方大会2021の新着

記事一覧