筋トレの成果と姉の影響、初出場と思えない川井友香子の戦いぶり<レスリング・小原日登美評論>

2021年8月4日 23時47分

レスリング女子62キロ級で金メダルを獲得し、ガッツポーズする川井友香子=4日、幕張メッセで

 努力を実らせて女子62キロ級で金メダルをつかんだ川井友香子におめでとうと言いたい。初日から初出場とは思えない素晴らしい戦いぶりだった。筋力トレーニングの成果により、組み手争いで構えが安定していたことが大舞台での強さにつながった。
 以前の友香子は良いタックルを持っていても、海外勢に力負けしてしまう部分があった。階級に見合った筋力、特に下半身の筋力が上がり、良い組み手の状態で相手に圧をかけ続けられるようになった。決勝でも、常にプレッシャーを与え続けたことが勝因と言える。
 組み手が上手な姉の梨紗子が身近にいたことも成長につながった。姉の背中を追い、時には良いライバルとして切磋琢磨せっさたくましたことで技術が進化した。これまでは姉の活躍の陰にやや隠れがちだったが、今回の金メダルで殻を破れたと思う。
 次は梨紗子の番。準決勝は技でのポイントがない試合となったが、組み手で堅実に相手を制して勝ち切った。友香子からのバトンを受け、レスリング界初となる姉妹での金メダル獲得を達成できると信じている。(ロンドン五輪女子48キロ級金メダリスト)

関連キーワード

PR情報

東京五輪・パラリンピックの新着

記事一覧