<TOKYO2020→21>高崎で事前合宿のイスラエル新体操チーム 感謝の演技公開

2021年8月5日 07時13分

練習を公開したイスラエル新体操チーム=高崎アリーナで

 東京五輪に向けて高崎市で事前合宿していたイスラエルの新体操チームが、同市の高崎アリーナで市内の競技関係者に限定して練習を公開し、中学や高校の新体操競技者や指導者ら計約250人が見学した。
 新体操チームの選手5人は、本番で予定する「ボール」と「クラブ・フープ」の2種目の演技を披露。選手たちは演技終了後、拍手を送った見学者に笑顔で手を振った。
 イリナ・ヴィグドルチクヘッドコーチは「皆さんの前で演技できて光栄。素晴らしいアリーナで練習できたこと、合宿中にたくさんの愛を感じられたことがうれしい」とコメントした。
 見学した中尾中学校新体操部3年の沢田誇糸(こいと)さんは「間近でオリンピック選手を見られて貴重な経験だった。私たちも見ている人に感動を与えられるような演技ができるように練習を頑張りたい」と話した。
 同国新体操チームは7月27日〜今月2日に合宿。五輪には7日に出場する。(安永陽祐)

PR情報

東京五輪・パラリンピックの新着

記事一覧